膀胱の病気を健康診断しよう!

膀胱の病気に関する情報サイトです。膀胱炎から膀胱がんまで症状と説明、そして予防対策まで記載しました!




膀胱の病気はあまり皆さんに知られているわけではありません。
一般的には膀胱炎が有名だと思いますが、実際には尿道結石や膀胱がん、
膀胱の腫瘍等恐ろしい病気もあるのです。

皆さんも膀胱炎は一度はかかった事があると思います。
しかし、かかりやすい病気はまだまだあります。
このサイトで皆さんも知識を得て頂けたらと思っています。

このサイトでは、膀胱の病気について、病名とその症状を解説付きで揃えました。
一度自分の生活習慣や食事の習慣等を踏まえて、予防と対策を考えてみては
いかがでしょうか。

実は夜尿症も、膀胱の病気になります。
そして、一度かかってしまうと慢性的になる膀胱結石。膀胱炎にも色々な種類が
あり、慢性的な間質性膀胱炎に比べ、突発的に発生をしてしまう神経因性膀胱、
他にも人口の膀胱を取り付けたりと、それぞれジャンル別にわかれております。

管理人も、実は膀胱炎で苦しみました。慢性的になってしまった時もあり
本当に苦しい時期が続いたのですが、自分で調べたり、食事を変えたりする事で
克服できました。

子供から大人まで、幅広い年代で発生する膀胱の病気。
これらには傾向や対策が必ずあります。
そして、身近にできる治療方法から、病院に行って医者とカウンセリングをして
受ける治療まで。このサイトで詳しくなってください!





膀胱の病気なんて日常茶飯事だと思っている方へ。

それが一番危ない考え方なのですが・・・。
膀胱の病気、今は確かにいいかもしれませんが、
そうはいっても危険性は非常に高いのです。

膀胱の病気は膀胱炎だけではありません。

膀胱の病気といっても、一言で言うのは難しいですね。
ただ、男性と女性といったら、男性の方が膀胱の病気が
掛かりやすいといわれてはいるものの、実際には
女性もかなりの比率で膀胱の病気を患っています。

膀胱のメカニズムを知ろう!デトックスの効果もある膀胱とは

膀胱とは、単純に言うと、体の中にある不純物は外に排出される仕組みと
なっていますが、その役割を果たす一つの器官が膀胱です。
これは肝臓から送られてくる水分を一時膀胱に留め、ある程度溜まったら尿管を
通して外に出る仕組みになっています。

膀胱の位置は、体のお腹の下のあたり、へその下位に位置してます。
両側にある肝臓から真ん中の膀胱に尿管を通っています。

膀胱がんは2種類ある!普段の食事を心がける事が大事です。

膀胱がんと一概に言っても、種類があります。
一つは表在性の膀胱がんで、もう一つが局所進行性の膀胱がんです。
これら二つ供、目に見えて症状が出てきます。

他のがんですと中々気がつくことがなく、検査した時初めてがんとわかったと
いうケースがありますが、これらは普段の生活において、すぐ見分けがつきます。
では、その症状とは一体どのようなものなのでしょうか。

膀胱炎は典型的な膀胱の病気。予防対策をしっかりとしましょう。

膀胱炎は主に2つの種類があります。 それは慢性膀胱炎と急性膀胱炎です。
これらははっきりとした違いがあります。
違いを明確にした上でこの膀胱炎の症状を予防していきましょう。

膀胱結石は慢性化の恐れあり。食事療法をしてみませんか

膀胱結石とは。別名で尿道結石とも言われていますね。
元々肝臓に発生してしまった石が一度膀胱に入ってしまい、そこから尿道に
行く為、尿道結石とも言われるのです。
しかし、肝臓に出来る結石が、膀胱に直接発生したなんていうケースもあります。

膀胱腫瘍は膀胱がんのサイン。悪性か良性か判断しましょう

膀胱のがんは種類が分けられます。
そして、ほとんどが悪性のものが多く、腫瘍=がんと考えても十分だと思います。
手術は比較的簡単で、死亡するという事は殆どないのですが、実際に膀胱がんの
人口は増えてきており、今だと現在年間9000人以上の人が膀胱がんにかかって
しまっています。

膀胱がんは主に男性の多く、高年齢層です。
若い人の間ではあまり発症はしないものの、可能性がないとは言い切れません。
そして、膀胱に出来る腫瘍のタイプによって、がんの種類も変わってきます。
それはどの様なものなのでしょうか。

間質性膀胱炎とは??聞きなれない病名ですが、一般的な頻尿の事です。

ずばり頻尿の事を間質性膀胱炎というのですが、細かい症状について
お話したいと思っています。
頻尿というのは、一日に何回も尿意を催してしまい、ひどい症状だと、一日に
50回以上もトイレに行きたくなってしまうケースがあります。

そして、この頻尿こと間質性膀胱炎というのは、膀胱に尿が溜まってくると、
痛みが生じ、排尿して、袋が小さくなると、また痛みが和らぐものです。
つまり、頻繁に尿意を感じた時に、それに逆らわずにトイレに行くように
しましょう。

神経因性膀胱は不可抗力です。早急に病院に行き、指示を仰ぎましょう。

体には隅々まで行き渡っている物があります。
それは血液と、神経です。そしてその神経の役割というものは、
コンピューターの役割を果たし、手を動かしたいと思ったら脳から伝達させ、
それが手に伝わり、筋肉を働かせ、手が動く結果となります。
尿意も一緒です。

夜尿症は子供だけの病気ではありません。子供も大人もおねしょはします。

俗にいう、おねしょの事を夜尿症といいます。
しかし、子供だけがおねしょをするわけではありません。
これは大人も子供もしてしまう事であり、基本的には本人の意識とは関係なく
発生してしまう事です。

おねしょにも種類があります。
それは夜間夜尿症と昼間夜尿症です。

子供に多いのは夜間夜尿症で寝ている間に無意識の内におねしょをしてしまう
事であり、昼間夜尿症というのは、昼間、起きて入る時に、笑ったり、力が
入ったりすると、尿が漏れてしまう事を言います。

膀胱の病気を健康診断しよう!カテゴリー項目一覧

膀胱とは

膀胱のメカニズムを知ろう!デトックスの効果もある膀胱とは

膀胱がんとは

膀胱がんは2種類ある!普段の食事を心がける事が大事です。

膀胱炎とは

膀胱炎は典型的な膀胱の病気。予防対策をしっかりとしましょう。

膀胱結石とは

膀胱の病気は膀胱炎だけではありません。
膀胱結石は慢性化の恐れあり。食事療法をしてみませんか

膀胱腫瘍とは

膀胱腫瘍は膀胱がんのサイン。悪性か良性か判断しましょう

間質性膀胱炎とは

間質性膀胱炎とは??聞きなれない病名ですが、一般的な頻尿の事です。

神経因性膀胱とは

神経因性膀胱は不可抗力です。早急に病院に行き、指示を仰ぎましょう。

夜尿症とは

夜尿症は子供だけの病気ではありません。子供も大人もおねしょはします。

人工膀胱とは

人工膀胱を付ける前に考える事。抗がん剤とどちらをとりますか?

色々な事例

膀胱の病気なんて日常茶飯事だと思っている方へ。


膀胱の病気を健康診断しよう!