Top >  夜尿症とは >  夜尿症は子供だけの病気ではありません。子供も大人もおねしょはします。

夜尿症は子供だけの病気ではありません。子供も大人もおねしょはします。

俗にいう、おねしょの事を夜尿症といいます。
しかし、子供だけがおねしょをするわけではありません。
これは大人も子供もしてしまう事であり、基本的には本人の意識とは関係なく
発生してしまう事です。

おねしょにも種類があります。
それは夜間夜尿症と昼間夜尿症です。

子供に多いのは夜間夜尿症で寝ている間に無意識の内におねしょをしてしまう
事であり、昼間夜尿症というのは、昼間、起きて入る時に、笑ったり、力が
入ったりすると、尿が漏れてしまう事を言います。


子供が良くおねしょをするのは年齢的に4歳前後です。
このおねしょの原因というのは、子供の頃はまだ日々のバランスがうまく整って
おらず、尿に対して規則的ではありません。
そして、尿を出す際に抗利尿ホルモンというものが増加するのですが、
子供はあまりそのホルモンが増加しないため、気がつかないうちにお漏らしを
してしまう結果となってしまいます。

昼間夜尿症は高齢者の方に多いです。
筋肉の緩み等がどうしても出てしまう為に、我慢ができずに尿が漏れてしまう
事をいいます。
これは自然現象にも近いので、予防対策はオムツ等をしましょう。

子供のお漏らしは段々と無くなっていきます。
では、そもそもの発生原因は何なのでしょうか。
それはストレスが原因となっているみたいです。

子供だからあまりストレスは抱え込まないと思いがちでしょうが、実際には
かなり繊細で、ちょっとした事でも頭に引っかかってしまって眠れない等の
現象が起きてしまいます。

治療方法としては、漢方薬や処方箋がありますが、一番は子供のストレスを
軽減してあげるサポートが必要です。
そして、おねしょをしたことに対して決してからかったりせず、親身になって
接してあげる事が子供のとっての一番の薬になるのではないでしょうか。


スポンサードリンク


その他夜尿症,おねしょ,頻尿,膀胱,病気の情報

膀胱の病気なんて日常茶飯事だと思っている方へ。
それが一番危ない考え方なのですが・・・。
膀胱の病気、今は確かにいいかもしれませんが、
そうはいっても危険性は非常に高いのです。

膀胱のメカニズムを知ろう!デトックスの効果もある膀胱とは
膀胱とは、単純に言うと、体の中にある不純物は外に排出される仕組みと
なっていますが、その役割を果たす一つの器官が膀胱です。
これは肝臓から送られてくる水分を一時膀胱に留め、ある程度溜まったら尿管を
通して外に出る仕組みになっています。

膀胱の位置は、体のお腹の下のあたり、へその下位に位置してます。
両側にある肝臓から真ん中の膀胱に尿管を通っています。

膀胱がんは2種類ある!普段の食事を心がける事が大事です。
膀胱がんと一概に言っても、種類があります。
一つは表在性の膀胱がんで、もう一つが局所進行性の膀胱がんです。
これら二つ供、目に見えて症状が出てきます。

他のがんですと中々気がつくことがなく、検査した時初めてがんとわかったと
いうケースがありますが、これらは普段の生活において、すぐ見分けがつきます。
では、その症状とは一体どのようなものなのでしょうか。

膀胱炎は典型的な膀胱の病気。予防対策をしっかりとしましょう。
膀胱炎は主に2つの種類があります。 それは慢性膀胱炎と急性膀胱炎です。
これらははっきりとした違いがあります。
違いを明確にした上でこの膀胱炎の症状を予防していきましょう。

膀胱結石は慢性化の恐れあり。食事療法をしてみませんか
膀胱結石とは。別名で尿道結石とも言われていますね。
元々肝臓に発生してしまった石が一度膀胱に入ってしまい、そこから尿道に
行く為、尿道結石とも言われるのです。
しかし、肝臓に出来る結石が、膀胱に直接発生したなんていうケースもあります。

膀胱腫瘍は膀胱がんのサイン。悪性か良性か判断しましょう
膀胱のがんは種類が分けられます。
そして、ほとんどが悪性のものが多く、腫瘍=がんと考えても十分だと思います。
手術は比較的簡単で、死亡するという事は殆どないのですが、実際に膀胱がんの
人口は増えてきており、今だと現在年間9000人以上の人が膀胱がんにかかって
しまっています。

膀胱がんは主に男性の多く、高年齢層です。
若い人の間ではあまり発症はしないものの、可能性がないとは言い切れません。
そして、膀胱に出来る腫瘍のタイプによって、がんの種類も変わってきます。
それはどの様なものなのでしょうか。

間質性膀胱炎とは??聞きなれない病名ですが、一般的な頻尿の事です。
ずばり頻尿の事を間質性膀胱炎というのですが、細かい症状について
お話したいと思っています。
頻尿というのは、一日に何回も尿意を催してしまい、ひどい症状だと、一日に
50回以上もトイレに行きたくなってしまうケースがあります。

そして、この頻尿こと間質性膀胱炎というのは、膀胱に尿が溜まってくると、
痛みが生じ、排尿して、袋が小さくなると、また痛みが和らぐものです。
つまり、頻繁に尿意を感じた時に、それに逆らわずにトイレに行くように
しましょう。

神経因性膀胱は不可抗力です。早急に病院に行き、指示を仰ぎましょう。
体には隅々まで行き渡っている物があります。
それは血液と、神経です。そしてその神経の役割というものは、
コンピューターの役割を果たし、手を動かしたいと思ったら脳から伝達させ、
それが手に伝わり、筋肉を働かせ、手が動く結果となります。
尿意も一緒です。

人工膀胱を付ける前に考える事。抗がん剤とどちらをとりますか?
膀胱の機能に障害が発生してしまい、人工の膀胱にやむなく変更をする事を
言います。

人工膀胱の機能は、そのまま、尿がたまる袋と、そこから尿道を通って排尿を
する役割まで果たします。

しかし、この人工の膀胱は体に全て収まるわけではなく、お腹の横の部分に
パックを装着し、そこに尿が溜まる仕組みになるので、今後ずっとパックを
つけたままの生活をしなくてはいけません。


夜尿症とは

おねしょを夜尿症といいますが、子供だけの病気というわけではなさそうです。あくまでも精神的なものが関わっているそうです。

関連エントリー

夜尿症は子供だけの病気ではありません。子供も大人もおねしょはします。